債務整理
  1. ホーム > 債務整理

債務整理

借金苦からの開放

日夜、多額の借金に苦しんでいませんか?
多額の借金の中には本来かえさなくてもいい部分があるのをご存じですか?
それでも借りたものは返すべきだと考えますか?
借金整理をすれば借金が減額されたり免責されたり、あるいは払いすぎた利息がある場合はその利息の返還をすることができます。 多額の借金から逃れるためにあれこれ考えるよりも、借金整理のために勇気を出して一歩を踏み出して下さい。

借金の整理方法

借金の整理方法には任意整理特定調停個人再生自己破産があります。

任意整理とは
裁判所を介さずに、債権者と借金の減額や利息の一部カット、返済方法などについて和解交渉をすることです。債務者が自ら消費者金融などの債権者と交渉することは困難であり、専門家の助力を必要とします。

調停とは
裁判所に申し立てて争いを解決してもらう制度ですが、債務者が支払不能に陥るおそれのある場合は、特定調停を申立てることができます。特定調停は、民事調停の一類型ですが、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続です。そのため調停委員会に調停成立にむけての調査権限の強化がはかられています。

個人再生(小規模個人再生)とは
負債額が5,000万円(住宅ローン債権の額及び担保権による回収見込み額を除く)を超えない個人で、継続的にまたは反復して収入を得る見込みがある場合に適用されます。民事再生法の特例として設けられた簡易迅速な手続です。
その内容は、更生計画により減額された債務を3年間(特別の事情があれば5年)で返済していくというものです。

【更生計画により減額された債務】
最低弁済基準は、基準債権総額の5分の1または100万円のいずれか多い額。ただし、基準債権の総額の5分の1が300万円を超える場合は300万円、基準債権の総額が3000万円を超える場合には、基準債権の総額の10分の1以上の額。

破産(自己破産)
任意整理によっても債権者に返済する資力のない場合に債務者を救済する最後の手段です。破産手続開始の申立てをして、破産手続開始の決定がなされ、その後免責の許可があれば借金は免除されます。