不動産登記
  1. ホーム > 不動産登記

不動産登記

相続登記はお早めに!

相続が開始しても相続登記をすることは義務ではありません。しかし、不動産について相続登記をしないで長年放置しておくと、不動産を相続した相続人の死亡 により第二の相続が発生するなどして、相続登記をするのに必要な関係者が増え、手続が複雑になるとともに、場合によっては収拾の尽かない事態が生じるおそ れがあります。 相続登記は、できるだけ早くすませるようにしましょう!!

所有権に関する登記

・所有権保存
建物を新築した場合

・所有権移転
売買、贈与、相続、遺贈、共有物分割、持分放棄、譲渡担保、譲渡担保契約の解除、時効取得、財産分与、現物出資、代物弁済、交換などをした場合 遺産分割協議書の作成、遺言書案の作成など

・所有権の変更
共有物不分割特約、権利消滅の定めの廃止

・所有権の抹消
・その他所有権に関する登記
登記名義人住所、氏名変更の登記など

抵当権に関する登記

  • ・抵当権設定
  • ・抵当権移転
  • ・抵当権抹消